前へ
次へ

洗顔を頑張りすぎない方が良い理由と油の分泌

メイクをする時は、あまり洗顔を頑張りすぎるべきでないと主張される事も多いです。実際、その通りです。洗顔を頑張るのは、オイリー肌の原因になってしまうからです。人によっては、顔の皮膚から油分が多く分泌されている事があります。油が分泌されるのも理由があって、顔の乾燥です。もともと人間の細胞や組織は、自分の体を守ろうとする本能があります。中でも警戒しているのは、乾燥です。むやみに肌が乾燥してしまうのは良くないので、肌の表面から油分が分泌される訳です。油で肌の表面を覆っておきますと、乾燥による悪影響を受けづらくなるからです。という事は、オイリー肌を防ぎたいなら肌を乾燥させるべきではありません。特に注意を要するのは、顔の洗いすぎです。確かに洗顔すると清潔になりますが、洗いすぎてしまうと油分が多く分泌されてしまいます。オイリー肌になるのは、あまり見た目が良くありません。ですからメイクをする時の洗顔は、あまり頑張りすぎるべきではありません。

".file_get_contents('http://links-001.com/kanren1set.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

Page Top